営業マンにおすすめできる名刺管理|ツールを有効活用して簡単に

男性

ベンチャー企業などに最適

通話

効率的な人件費運用が可能

横浜などの都心のエリアではコストの問題から限られた人員で事業を行わなければならない会社が数多くあります。継続的に人を雇用するにはそれなりのリスクがあり、ベンチャー企業などにとっては大きな足枷となるケースも少なくありません。経済的な事情や事業規模の縮小などによって、仮に人員過多に陥った場合、真っ先に削れる人件費と言う部分で人が削られていきますが、人をモノの様に不要になったら切り捨てれば良いと言う文化は日本では定着していないのが実情です。結果、従業員に配慮する余り、会社の規模に対して、過度な人件費を払い続け、会社の経営を圧迫するケースが多くあるのです。この様な事を起こさない為にも人件費の部分は効率的に運用していく事が求められます。その人件費の効率的な運用方法の1つが電話代行です。電話代行は人材のアウトソーシング策の1つで、雑務の大部分を占める電話対応にフォーカスを当てたものとなっています。自社に掛かって来る電話を転送して対応してもらったり、電話番号を電話代行業者から借りて、その電話への対応を行なってもらうと言うのが主な仕組みです。横浜エリアの様にクライアント企業が多く、電話代行業者の競争が激しいエリアは価格競争も激しいのでリーズナブルな価格から始める事が出来、安い業者では月数千円から利用が出来ます。一般的な相場は月一万円台からとなっているので、横浜エリアで利用できる様な安い業者にはコール数の制限など多少の制約が発生します。しかしながら、導入企業によってはそれで十分と言う企業も少なく無いので、比較検討を行い上手く活用するのが良いでしょう。横浜の様な人件費などの経費が高くつくエリアの企業の方は、電話代行を積極的に活用する様にしましょう。