営業マンにおすすめできる名刺管理|ツールを有効活用して簡単に

メンズ

導入する価値があるか

名刺

名刺情報を有効活用できる

名刺管理ツールを導入し名刺情報をデジタルデータ化することで、名刺の管理が楽になります。名刺管理ツールの中には、スキャナやスマートフォンのカメラで取り込むだけで、正確にデータ化してくれるタイプのツールがあります。そのようなツールを上手く活用すれば、名刺の整理にかかる手間を大幅に削減でき、名刺整理に使っていた時間を他の業務に充てることができます。その上、名刺情報をデジタルデータ化すると、膨大な名刺から目当ての情報を探すことが容易になり、名刺情報を活用しやすくなります。また、クラウド型の名刺管理ツールなら、大量の名刺を持ち歩く必要はありません。インターネットにつながるデバイスを持っていれば、どこにいても名刺情報にアクセス可能になります。名刺管理ツールを利用すると、会社全体で名刺情報を共有できます。新規の顧客にアプローチしたい時に、その顧客と面識のある人が社内にいたとしても、そのことを知らなければ意味がありません。名刺管理ツールを利用した場合、自分が接触したい人と人脈のある社員がいるかどうか、すぐに分かります。名刺情報を共有すれば、社員の持つ人脈を有効活用した営業活動を行えるようになります。さらに、名刺情報を共有することで、退職や人事異動があった場合でも、顧客情報の引継ぎを迅速に行えます。名刺を個人で管理していると、引継ぎの際に、伝達ミスなどによって顧客情報が失われかねません。しかし、社内で名刺情報を共有していれば、大切な顧客情報を失う心配はありません。

活用方法の変化

ウーマン

1990年代から始まったCRMの活用ですが、その活用方法は年々変化しています。かつては同じカテゴリに属する顧客に対して同じアプローチを行う手法ですが、最近では、優良顧客のサンプルと同じ道順をたどるように仕向ける手法が一般的です。

ベンチャー企業などに最適

通話

横浜エリアの様に事業運営のコストが多く掛かると言うエリアの方におすすめなのが電話代行サービスです。直接雇用する事なく電話対応の雑務を代行してもらえるので、人件費の効率的な運用が行えます。事業規模が拡大しきっていないベンチャー企業などに最適と言えるでしょう。

自社のニーズに合った製品

システム

営業活動の効率化を実現するのが営業支援システムです。営業活動で必要な情報にすぐアクセスできたり、日報や申請書等の作成を外出先から行うことができ、営業マンの負担を軽減できます。システム導入時は、機能とコストのバランスや自社のニーズにあっているかが選定ポイントになります。